Bag under eyes目の下のクマや目の下のふくらみ(バギーアイ)

  • HOME>
  • 目の下のクマや目の下のふくらみ(バギーアイ)

バギーアイの症状

バギーアイの症状

目の下、涙袋より下にふくらみができると、影ができてクマがあるように見えます。
この状態をバギーアイと呼びます。目元は疲労や加齢の症状が表れやすく、目の下にふくらみがあると疲れて見えたり、老けて見えたりしてしまいます。
また、皮膚が伸びてしまうので、シワやクマの原因にもなります。

バギーアイの原因

主に加齢が原因で眼窩隔膜という薄い膜が緩み、眼球を守っている眼窩脂肪が前に出てきてしまいます。皮膚のハリを保つ眼輪筋(がんりんきん)の筋力が低下して押し留められなくなった結果、目元がふっくらと膨れるのです。
眼輪筋がよく発達していると若々しい顔立ちでいられますが、加齢が進むと筋肉量も筋力も低下します。
また、パソコンやスマートフォンを見つめている間は眼輪筋が動かないため、長時間使用すると、次第に筋力が低下していくことも明らかになっています。

バギーアイを起こしやすいお肌のセルフチェック

  • 下まぶたの目頭部分を軽く下にひっぱると、目の下にある影が消える
  • 下まぶたがたるんでいる
  • 涙袋の下がふくらんできた
  • 睡眠をとっているのに「睡眠不足?」と聞かれる
  • 最近、目が小さくなった気がする
  • 夕方になるとマスカラやアイシャドウがとれて、パンダ目になってしまう
  • 目を見開いた状態で5秒キープすると、眉毛が上がって額に横ジワができる
  • 笑いジワが気になる
  • 睡眠時間が日によって大きく異なることがある
  • パソコンやスマートフォンを長時間使用している

当てはまる項目が2~4つある場合は、日々目元のたるみが進行している可能性が高いです。
5つ以上当てはまる場合は、既にバギーアイではないでしょうか。適切なケアが必要です。

バギーアイの治療法

手術による治療と、手術以外による治療の2種類あります。

手術による治療

下眼瞼切開術
下眼瞼切開術

まつ毛のすぐ下を切開し、ふくらみの原因である脂肪を除去します。再発を予防するために眼輪筋を引っ張り上げて骨膜に固定します。

レーザーによる下眼瞼脱脂

下まぶたの裏側の結膜をレーザーで切開し、眼窩中隔という部分を引き出して余分な眼窩脂肪を切除します。

ハムラ法

目の下にあるへこみに脂肪を充填することで、影になる部分をなくします。

手術以外による治療

HIFU(高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound:HIFU))
HIFU(高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound:HIFU))

HIFU(ハイフ)で緩んだ皮膚を引き締めます。

ヒアルロン酸の注射

目元にヒアルロン酸を注入し、皮膚の段差を分かりにくくします。

ひふみるクリニック様

TEL

WEB予約

LINE予約