Ptosis眼瞼下垂の原因

  • HOME>
  • 眼瞼下垂の原因
眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂には3種類あります。
加齢や筋力低下が主な原因である「後天性眼瞼下垂」、まぶたを上げる眼瞼挙筋の先天的な発達異常や筋肉を動かす神経の異常を原因とする「先天性眼瞼下垂」、眼瞼挙筋や神経に異常はないにもかかわらず、まぶたが下垂する「偽眼瞼下垂」です。

眼瞼下垂の原因

もっとも一般的で患者さんが多いのは「後天性眼瞼下垂」です。
主に眼瞼挙筋の末端にある腱膜が、加齢や筋力低下などで伸びてしまうことで、まぶたが下垂します。また、目をこする癖がある方、長時間ハードコンタクトレンズを使用している方、アイメイクをこすって落とす癖がある方、パソコンやスマートフォンを過度に利用する方などは、眼瞼下垂になりやすいと言われているので要注意です。

加齢

年齢を重ねるうちに、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋の働きが弱ったり、まぶたの皮膚がたるんだりすることで下垂する場合があります。

目をこする癖がある

目をこするとまぶたに強い負荷がかかり、腱膜などにダメージを及ぼします。
花粉症やアレルギーなどで目がかゆくなる症状のある方は気を付けましょう。

長時間ハードコンタクトレンズを使用している

コンタクトレンズの使用は、まぶたにも影響を及ぼします。特に、長時間ハードコンタクトレンズを使用している場合、コンタクトレンズの出し入れを乱暴にしている場合なども眼瞼下垂の原因になることがあります。

アイメイクをこすって落とす癖がある

まぶたの皮膚はとても薄いので、アイメイクを落とす時にゴシゴシこする癖があったり、まつ毛のエクステの付け外しが多かったりする場合、まぶたに負担がかかっている可能性があります。

パソコンやスマートフォンを長時間利用する

パソコンやスマートフォンを長時間見続けるなどして目を酷使することも、眼瞼下垂の原因となる場合があります。

眼瞼下垂を引き起こす筋肉・神経の病気

眼瞼下垂ではありませんが、眼瞼下垂と同じような症状が表れるものがあります。

眉毛下垂(びもうかすい)

加齢や顔面麻痺など原因で、眉毛が自然に下がってしまった状態です。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

まぶたを閉じる筋肉が過剰に緊張することで、まぶたが開きにくくなった状態です。

眼球陥凹(がんきゅうかんおう)

眼球が眼窩の奥に引っ込み、陥没したような状態になります。外傷や甲状腺の病気が原因で発症する場合があります。

小眼球症(しょうがんきゅうしょう)

先天的に眼球が小さい疾患で、全盲である場合があります。

眼瞼皮膚弛緩症

加齢が原因で、まぶたがたるんで視界が狭くなっている状態です。

外斜視における片目つむり

外斜視の場合は両目で見ると焦点が合わないので、無意識に片目をつぶって不快感を緩和しようとします。その結果、眼瞼下垂のように見えます。

ひふみるクリニック様

TEL

WEB予約

LINE予約