Plastic surgery下眼瞼脱脂(経結膜脱脂法)

  • HOME>
  • 下眼瞼脱脂(経結膜脱脂法)

下眼瞼脱脂(経結膜脱脂法)

下眼瞼脱脂(経結膜脱脂法)

脂肪が原因となって表れた目の下のクマやたるみ、ふくらみを改善するための手術です。
下まぶたの内側からメスを入れ、脂肪を取り除いて縫合します。目の下の黒く見えるクマは眼窩脂肪の突出によって表れているので、脂肪を除去することで改善が図れます。

向いている方

目の下のクマが気になる方。
目の下のたるみやふくらみが気になる方。

不向きな方

もともと皮膚がたるみがちな方。

メリット

まぶたの内側から脂肪を取り除くので、お顔の表面に傷がつきません。

デメリット

もともと眼窩脂肪が少ない方は効果が出にくい傾向があります。
治療により小ジワが発生する可能性があります。

抜糸と入院

術後3日後に圧迫除去、5~7日後に抜糸が必要です。
入院は不要です。

腫れと痛み

術後1~2週間は痛みや腫れ、内出血の症状が想定されます。

ひふみるクリニック様

TEL

WEB予約

LINE予約