ptosis眼瞼下垂

  • HOME>
  • 眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは

上まぶたが下がってくることで黒目の一部、あるいは大部分が覆われてしまい、視界が狭まってものが見えにくくなります。
また、見えにくいため顎が上がったり、眉を上げて見ようとすることが原因で額に横ジワができたり、頭痛や肩こり、眼精疲労などの症状を引き起こしたりすることがあります。
適切な手術を受けることで、頭痛や肩こり、眼精疲労などの症状から解放され、QOLが大幅に改善します。

眼瞼下垂の重症度

症状に応じて、軽症、中等症、重症の3種類に分類されます。

正常な状態

まぶたの下垂がなく、黒目の上の白目が見える状態です。

軽症の眼瞼下垂

上まぶたが垂れてはいるが、意識して目を開ければ瞳孔が隠れない状態です。

中等症の眼瞼下垂

上まぶたが垂れ、意識的に目を開けていても瞳孔の上の縁が一部隠れる状態です。

重症の眼瞼下垂

上まぶたが垂れ、力を入れて目を開けていても瞳孔が半分以上隠れる状態です。

手術による治療

挙筋前転法

眼瞼挙筋の瞼膜が瞼板から外れていることが原因の場合は、眼瞼挙筋を縫う手術をして改善を図ります。

挙筋短縮法

重度の眼瞼下垂の場合、伸びきった眼瞼挙筋を切除したり、重ねて固定したりするなどの方法で改善を図ります。

上眼瞼切開法(皮膚切除)

上まぶたの皮膚が弛緩していることが原因の場合は、皮膚を切除・調整して改善を図ります。比較的体に負担が少なく、腫れも軽度です。

筋膜移植法(前頭筋吊り上げ術)

眼瞼挙筋のまぶたを上げる働きが弱い場合、もしくはほとんどない場合は、眉毛を動かす筋肉である前頭筋とまぶたの間に自分の体組織を移植することで改善を図ります。多くの場合、大腿筋膜を移植するので「筋膜移植法」とも言います。

眼瞼下垂について

眼瞼下垂の症状・セルフチェックについて

眼瞼下垂の原因について

先天性の眼瞼下垂について

ひふみるクリニック様

TEL

WEB予約

LINE予約