Double eyelid二重まぶたの整形手術

  • HOME>
  • 二重まぶたの整形手術

二重まぶたになりたい

二重まぶたになりたい

目の印象は、顔全体の印象を左右するほどに大きな割合を占めています。
「美人」と言われる方の多くが、目が大きい傾向にあるため、一重まぶたより二重まぶたの方が好ましいという風潮があります。
当クリニックでは患者さんのお悩みを伺い、一重まぶたを二重まぶたにする施術を行っています。

こんなお悩みにおすすめです

  • 目をぱっちりと大きく、魅力的に見せたい
  • 二重まぶたの目に憧れている
  • まぶたのたるみをなくしたい
  • 「眠そうに見える」「目つきが悪い」と言われる
  • 左右の二重の幅を同じにしたい

このようなお悩みのある場合は、患者さんの目元の状態を確認し、理想の形、幅についてのご希望をお聞きした上で、その方に合った施術をご提案します。

二重まぶたの種類

末広型の二重

目頭の部分では二重のラインが蒙古ヒダの中に収まっていて、目尻に向かうにつれて二重の幅が広くなるタイプです。日本人をはじめとする東洋人に多い二重の形です。
埋没法で末広型を作る場合は、後戻りしにくいという特長があります。

幅の広い平行型二重

目頭から目尻まで二重のラインの幅が広く、欧米人やハーフの方に多くみられるタイプの二重の形です。ぱっちりとした華やかな目元が特徴です。
埋没法でも可能ですが、患者さんの目の形によっては切開法の方が作りやすい場合があります。

幅の狭い平行型二重

末広型二重と、幅の広い平行型二重の中間のタイプで、さりげない二重の形です。
患者さんの目の形によっては目頭切開が必要な場合があります。

二重まぶたの仕組み

眼球は瞼板という軟骨の奥に入っていて、まぶたを上げる眼瞼拳筋は瞼板についています。
このまぶたを上げる筋肉が枝分かれして、上まぶたの皮膚にもついている場合、瞼板と上瞼皮膚の2ヶ所でまぶたを引き上げるため、二重まぶたになるのです。
一重まぶたの人は眼瞼拳筋が枝分かれしていないので、瞼板だけに引き上げられて一重まぶたになります。

自分に似合う二重まぶたとは

自分に似合う二重まぶたとは

なりたい二重まぶたの形が、自分の目の形に合うとは限りません。幅の広い平行型二重のぱっちりとした目になりたいけれど、蒙古ヒダがあって適さない、という可能性もあります。
蒙古ヒダとは東洋人に多い特徴で、目頭に被さっている上まぶたの皮膚です。二重まぶたにする際に、取り除く必要があるかもしれません。

まずは自分の目の形に合った二重まぶたの形を調べましょう。
目を閉じて目頭の部分を指で軽く押さえ、そのまま目を開きます。この状態でできている二重が、自分の目に合うバランスのいい二重の形なのです。

ひふみるクリニック様

TEL

WEB予約

LINE予約