Plastic surgery小切開法

  • HOME>
  • 小切開法

小切開法

小切開法

マイクロ切開法とも言います。まぶたをごく小さい範囲で切開して縫い合わせ、二重まぶたのラインを作ります。

埋没法より安定性のある二重の形成ができ、全切開法よりも傷が残りません。部分切開した部位から組織や脂肪を取り除くことで、厚ぼったいまぶたをすっきり美しくすることができます。

しかし、一重まぶたで皮膚が厚い場合は、小切開法ではきれいな二重まぶたのラインを作ることが難しい場合があるので、その際は全切開法をおすすめします。

全切開法に比べると患部が腫れている期間が短いです。術後2〜3日がピークで、1~2週間で落ち着きます。まれに内出血が起こる場合がありますが、時間の経過とともに治ります。

向いている方

まぶたはあまり厚くないが、まぶたの上の脂肪が多く、楊枝などで跡をつけても離したらすぐに元に戻る方。
全切開法までしようとは思わないけれど、埋没法の糸などが取れてしまうのは避けたい方。

不向きな方

加齢に伴いまぶたの皮膚が余っていて、二重のラインが隠れて見えない方。

メリット

全切開法に比べて腫れている期間が短く、糸で縫合しなかった場合は術後4〜5日後からお化粧もできます。

デメリット

デザインした二重のラインを変えたり、元の状態に戻したりすることは困難です。
部分的に組織や脂肪を取り除くことはできますが、全切開法で取り除ける量よりは少なくなります。

抜糸と入院

術後5~7日後に抜糸が必要です。
入院は不要です。

腫れと痛み

個人差がありますが、腫れは術後5日~1週間で落ち着きます。
2~3日間は痛みや熱感があります。

ひふみるクリニック様

TEL

WEB予約

LINE予約