Ptosis眼瞼下垂について

  • HOME>
  • 眼瞼下垂の症状・セルフチェック

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂に多い状態

見にくさを解消しようと眉毛を上げる動作を繰り返すことで、額に横ジワが形成されやすくなる、まぶたが下がることで眠そうに見える、などの影響が表れます。

まぶたが下垂する症状は片目だけのこともあれば、両目に発症することもあります。
軽度の場合は自覚症状がほとんどないので、数年かけて気づかないうちに進行していることがあります。

中高年は要注意、自覚症状のチェック

眼瞼下垂になっていると、多くの場合以下のような症状が表れます。特に50代になると症状が顕著に表れることが多いので、チェックしてみましょう。

  • まぶたが重く感じる
  • 目を開けるのに力が要る
  • 黒目の端に上まぶたがかかっている
  • 視野が狭くなって見えづらい気がする
  • 頭痛、肩こり、眼精疲労などに悩まされている

また、見た目にも以下のような変化があります。

  • まぶたが垂れていて年齢よりも老けて見られる
  • 「目つきが悪い」と言われる
  • 写真を撮ると「眠そうに見える」と言われる
  • 眉間の横ジワが目立つようになった
  • ものを見る時に眉毛や顎を上げてしまう

眼瞼下垂を放っておくと、ものが見えにくい、視野が狭くなるなどの症状だけでなく、頭痛や肩こり、眼精疲労などによって日常生活に支障をきたしてしまいます。
思い当たる症状がある場合は、受診を検討しましょう。

セルフチェックの方法

眼瞼下垂の可能性があるかを簡単に調べられる、セルフチェックの方法があります。

  • 1. 目を軽く閉じて、顔を正面に向ける
  • 2. 眉毛の上を指で軽く押さえる
  • 3. 指で押さえたままの状態で目を開ける
  • 4. おでこに力が入ったり、目が開きにくかったりする場合は要注意

眉毛の上を押さえたままでも普通に目が開くなら、眼瞼下垂の可能性は低いでしょう。
逆に、眉毛を押さえていると目が開きにくい、目を開こうとすると額に力が入る、などの症状がある場合は、眼瞼下垂の可能性があります。

ひふみるクリニック様

TEL

WEB予約

LINE予約