Plastic surgery埋没法

埋没法

何らかの疾患があり、症状を改善するための手術であれば健康保険適用となります。しかし、二重まぶたの形成手術については自費診療となります。

埋没法

髪の毛よりも細い医療用の極細糸で、上まぶたの皮膚と眼瞼挙筋、あるいは瞼板を留めることで、二重まぶたのラインを作る方法です。皮膚に糸を通すための小さな傷跡が付く程度で二重まぶたにできます。
メスを使わず、切開しない方法のため、術後に二重まぶたのラインの変更をしたり、糸を取り除いて元の状態に戻したりすることもできます。

向いている方

まぶたの皮膚が余っておらず、脂肪や筋肉などの厚みがない方。
市販のアイテープを使うよりも、二重のラインをしっかりつけたい方。

不向きな方

加齢などが原因でまぶたの皮膚が余っていて、二重のラインが隠れて見えない方。

メリット

手軽にできる方法で、傷はごく小さい針穴程度しかありません。
ダウンタイムが短いので、泣き腫らした程度の腫れしか出ません。
糸を外すことで、ほぼ元の状態に戻すことができます。

デメリット

まぶたに脂肪や筋肉などの厚みがある方の場合、糸が脂肪や筋肉を支えられず、すぐに外れてしまいます。
皮膚に緊張がなく余りが多い方の場合、糸で持ち上げた部分以外の皮膚が下垂して、きれいなラインを維持できません。

抜糸と入院

共に必要ありません。

腫れと痛み

術後2日~1週間程度ありますが、時間の経過とともに治ります。

ひふみるクリニック様

TEL

WEB予約

LINE予約